脇の黒ずみが気になるならクリームを塗って対策しよう

ニキビのスキンケア

女の人

正しいケアの仕方

ニキビの初期対策を間違ってしまうと、ニキビ跡になります。ニキビ跡を放置すると自分自身では治せなくなるので注意が必要です。ニキビ跡と一口にいっても、赤み、茶色、クレーターなどがあります。ケアをする場合は、ニキビ跡の種類にあった化粧品を使うことが大切です。ニキビが炎症を起こして毛細血管を傷つけると、赤みになります。赤みタイプのニキビ跡には、炎症を抑える抗炎症効果があるビタミン誘導体がお勧めです。ビタミンC誘導体には抗菌作用もあり、ニキビの予防もできます。茶色タイプのニキビ跡は、紫外線を浴びてシミになってしまった状態です。シミになってしまうと、当然スキンケアで治すのが大変になります。美容皮膚科でレーザーやフラッシュ治療をするのが一番ですが、それができない場合はシミに効果がある美白化粧品がお勧めです。根気強く使えば、色素沈着してしまった茶色いニキビ跡が薄くなります。一番治すのが大変なのがクレーターやアイスピック状になってしまったニキビ跡です。ニキビをつぶしたりケアを間違ってしまうと真皮層が傷つき、組織が凸凹になってクレーター状になります。そうなってしまったら、ケミカルピーリングがお勧めです。ケミカルピーリングには古い角質を剥がす効果と、真皮層のコラーゲンを生成する効果があります。化膿してしまったニキビにケミカルピーリングをするのはNGですが、赤みタイプやクレータータイプのニキビ跡には有効です。

Copyright © 2017 脇の黒ずみが気になるならクリームを塗って対策しよう All Rights Reserved.